特殊健康診断 種類

特殊健康診断における種類は

スポンサーリンク

日本における最近の傾向としては「健康ブーム」や「健康志向」への意識が高まってきています。
そのため、ウォーキングやジョギング、その他のスポーツなどを行う人口が増えています。
この状況には行政においても、政策に取り入れている自治体も多くあります。
その理由には、国民が健康になる事で医療費の削減へと繋がる事が最近のデーターで判明しているからです。
行政や企業が従来行っていた健康診断についても、一年に一回以上の受診が推奨されていました。
しかしながら、現実としてはなかなか受診率が伸び悩んでいる企業もあります。
健康診断は、法律で定められているものもあります。
それは、一般的に特殊健康診断といわれている種類の健康診断で、法令で定められた業務や特殊な環境下で働く労働者を対象としたものです。
この特殊健康診断にもいくつかの種類があります。

スポンサーリンク

最近においては、作業環境の改善が行われてきましたが、じん肺や有機溶剤、鉛に暴露される状況下で働く労働者もまだまだ数多くいるのが現状です。
それらの有害物質を取り扱う環境下で働く労働者に対しては、化学物質の体内摂取状況や把握したり、早期の健康障害を把握する為に労働安全衛生法により事業者が特殊健康診断を行う事を義務付けられています。
特殊健康診断の種類には、上記に示した他にも特定化学物質、高気圧業務、電離放射線など色々な健康診断が定められています。
それらの健康診断は、その殆どが六ヶ月以内に一回となっていますが、四アルキル鉛においては、三ヶ月に一回実施しなければなりません。
その他にも身体に影響があると考えられる労働者には、行政からの通達や指導等により、定められています。
このように法令等で定められているために、受診費用も事業者の負担になることも法令に記載されています。

スポンサーリンク