健康診断書 就職 間に合わない どうすれば良いか

就職の際健康診断書が間に合わない時はどのようにすれば良いか

スポンサーリンク

就職の書類選考で健康診断書が必要なことが多いです。
健康診断書は、一般的には3ヶ月以内のものが好ましいとされ、最低でも1年以内のものでなければなりません。
その為、選考に参加する企業に直ぐに提出できるように最低でも1年に1度は受けておくべきです。
大学生で健康診断書の発行が遅い場合、書類の締切日に間に合わないこともあります。
その場合、事前に連絡を入れて間に合わない理由を説明すれば良いです。
会社にとっては入社前に書類があれば良いので、間に合わないことが不採用に繋がることはありません。
また、社会人の健康診断の場合実費になります。
病院によって数千円で出来るところから1万円以上するところまであります。
市町村の健康診断は安く受けることが出来るのでおすすめです。
健康診断を受ける時、メニューを選ぶことができますが、社会人用のメニューにしましょう。

スポンサーリンク

市区町村の健康診断の場合診断書が遅い場合が多いので、事前にいつ診断書が発行されるか市区町村に確認することが好ましいでしょう。
必要書類を万全に準備をすることで面接や筆記試験も安心して受けることができることでしょう。
このような事前の準備を万全に行った場合は大丈夫でしょうが、それでも万が一間に合わない場合は電話で連絡を入れることがメールなどより誠実さが伝わる上に早くて一番分かりやすいです。
1日、2日遅れたことで採用に関係することはありませんし、また、期限通りに提出したとしてもそれが採用に関係することもありません。
会社にとって社員の入社時に必要なものであり、そのため、入社後に提出の企業もあります。
就職活動において大切なのはやはり結果よりも過程ですし、きちんとしたマナーが守れていれば何ら問題はありません。

スポンサーリンク