健康診断 朝食 食べてしまった

健康診断で朝食を食べてしまった場合

スポンサーリンク

健康診断を受ける際は「朝食は控えて下さい」や「前日の食事は夜9時までに済ませて下さい」などの案内が必ずあります。
しかし、朝食を食べてしまった場合には健康診断の結果が正しく出ない場合が多くあります。
例えば、胃透視はバリウムなどの造影剤を飲んで胃の粘膜の状態を確認します。
そのため、朝食を食べていると胃の本来の状態を確認する事ができません。
また、胃の中に食べ物が残っているため造影剤が上手く流れず異常があると診断されてしまう場合もあります。
そのため、必ず朝食を抜く事が大切です。
また、血液検査も食事の影響で数値が変わってしまいます。
例えば、血糖値や中性脂肪は食事の影響を受けて上がってしまいます。
また、インスリンの数値も上がります。
更に、健康診断の直前にタンパク質を多くとってしまうと尿素窒素やアンモニアの数値が上がります。

スポンサーリンク

このため、朝食を食べてしまった場合には正直に申告する必要があります。
そして、医療機関の指示に従う事が大切です。
最悪の場合、健診自体ができない事もあるため注意が必要です。
また、前日の飲み会がある場合も健診結果が悪くなる可能性があります。
これは、過度の飲酒により血液検査や尿検査に影響が出るためです。
このため、前日の暴飲暴食にも注意する必要があります。
体調が悪い場合も健診結果に異常が出る事があります。
そのため、体調が良くなってから再度健診を受ける事をお勧めします。
また、持病があり薬を服用している場合は必ず主治医に相談し健診を受けてよいかどうかを確認する必要があります。
このように、健康診断を受ける際は様々な注意が必要です。
しかし、事前に案内された医療機関の指示や体調を整えておけばほぼ正確な健診結果を得る事ができます。
このため、医療機関の指示は必ず守る事が大切です。

スポンサーリンク