健康診断料 消費税 課税

健康診断料の消費税の課税について

スポンサーリンク

会社で働いている場合は健康診断を受けることが多いですが、この時に受ける検査は保険がききません。
そのため全額を負担することになりますけど、この検査は会社で働いている場合は会社が負担をしてくれます。
法律上そういう規制が存在するので、会社で働いている人の場合はあまり気にせず検査を受けることができます。
それに対してフリーで働いている人が検査を受ける時は、その負担を自費で支払うことになります。
その時に健康診断料がどの程度になるのか気になりますが、一般的には一万円前後が多いです。
何らかの特殊な検査を受けた場合は、もう少し高くなることもありますけどだいたい一万円くらいです。
また健康診断は保険がきかないので課税の対象になり、消費税の負担もあります。
最近はこの税金が高くなっているので、どの程度の負担になるのかについてはよく調べておいたほうがいいです。

スポンサーリンク

健康診断をする時の負担は会社で働いている場合はなく、その費用は会社が出してくれます。
それに対して自営業の場合は自費で支払うことになりますが、特殊な検査を受けない限りは高額になることは少ないです。
この時の健康診断料には消費税が課税されますけど、一般の医療行為に対しては税金はかかりません。
例えば風邪をひいて治療を受ける場合は、消費税の負担は存在しません。
医療行為を受ける時に保険がきく場合は課税がなく、保険がきかない場合は課税をされやすい傾向があります。
そのため保険を利用できな健康診断は課税の対象になるので、その分負担が大きくなります。
ただ健康診断を受ける時は補助をしてくれる制度もあり、そういう制度を利用できれば安く受けれられます。
そのような制度は役所に聞けば教えてもらえることがあるので、もし興味があるならば一度聞いてみるといいです。

スポンサーリンク