健康診断 服装 女性 ふさわしい

女性の健康診断にふさわしい服装

スポンサーリンク

病気になっていても、初期の場合はこれといった症状が出ないことも多く、進行していても気づいていないこともあります。
気づいたときには病状が悪化しているということもありますので、できるだけ早期に発見できるよう、健康診断はしっかり行っておきましょう。
健康診断では血液検査や尿検査、さらに心電図検査、レントゲン撮影など様々な検査が行われ、現在の健康状態を知ることができます。
問題がなければとりあえず安心と言えますし、異常が見付かった場合はさらに詳しい検査を受け、必要があれば治療を行うこととなります。
そして当日気になるのは服装はどのようにすれば良いのかということではないでしょうか。
女性の場合は男性に比べて下着やファッションもより複雑なものを身につけることも多いので、できるだけスムーズに検査ができるよう、服装も考えておきたいところです。

スポンサーリンク

健康診断では施設によっては検査着が用意されており、その場合はそれに着替えることとなります。
普段着で検査を行う場合は上下がつなぎになった衣服は避けたほうが良いでしょう。
心電図検査などの場合は上半身だけ露出しますが、ワンピースなどではそれも難しくなります。
さらに聴診器を利用する場合も上下別になっている服のほうがよりスムーズです。
女性はストッキングやタイツを着用することも多いですが、足首を出す検査のときには邪魔となりますので、検査時は着用しないほうが良いでしょう。
さらにレントゲンでは金属があるとうまく撮影できませんので、ワイヤーなど金属が入ったブラジャーは避けましょう。
採血も行われますので、袖もまくり上げやすい衣服を選ぶことがおすすめです。
婦人科の検査の場合は下半身を露出することとなりますので、ジーンズなどパンツ類は避け、スカートを選んでおくと良いでしょう。

スポンサーリンク