健康診断 食事 何時間前

健康診断の食事は何時間前か

スポンサーリンク

健康診断を受ける時に、胃カメラなどを飲む時などには胃の状況などを詳しく見るために、検査の前後は食事を摂ることが禁止されるものです。
主な前後の禁止時間としては、検査が始まる前の前日の夜9時までに食事を摂るということが一般的であり、検査の時には胃の中が空の状態で受けることが一般的です。
そうすることで、バリウムなどを飲んだ時であっても成分が胃の壁に張りつきやすくなっており、確実な検査を行うことが出来る様になっています。
このことがあるために、健康診断の時に気を付けなければならない時間は、何時間前ということが多くあるものの、およそ10時間から12時間前には最終の食事を済ませておくことが良いと言われています。
そうすることで、血糖値やコレステロール値そして尿検査などでも確実な結果を出すことが出来る様になっています。

スポンサーリンク

また、何時間前から水分などを摂取してはならないなどということは、ほとんどの場合において検査項目の中に記載されていることから、それらをしっかりと見ておくことが必要です。
しかし、食事というものは様々な事情によって間違えて食べてしまうということが多いものです。
その時には、健康診断当日に病院の窓口や担当医などに申告することが必要です。
そうすることで、検査の時間をずらすということや他の方法での検査をすることができる様になっています。
また、健康診断の前日などには食事の内容を比較的ヘルシーなものにすることでコレステロール値などを本来の数値にすることが可能であるということから、内容にも気を付けておくことが良いとされています。
そのために、健康診断を受ける時には何時間前からなどという条件をしっかりと理解しておくことが必要です。

スポンサーリンク