健康診断 数値 新基準

健康診断の数値を新基準に照らし合わせてみるとどうなのか

スポンサーリンク

昨年、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は健康診断の数値に新基準を導入しました。
これによると健康な人の血圧は、従来まで上(収縮期血圧)が130未満、下(拡張期血圧)が80未満でしたが、新基準では、上が88〜147、下が51〜94と幅が広がっています。
今まで「要注意」の指導を受けた結果が新基準では「異常なし」になるのですが、これは上が130以上になると高血圧性疾患になる可能性が高くなり147までの人はすぐに病気になるとはいえないが、現時点ではこの数値内の人は健康である割合が高いということを意味します。
肥満度を表すBMIは、従来値が男女共通で25未満でしたが、新基準では、男性18.5〜27.7、女性16.8〜26.1となり、男女とも痩せすぎも太り過ぎも健康ではないとされ、基準内に入っている人は寿命が長いというデータも出ています。

スポンサーリンク

総コレステロールは従来値男女共通140〜199が、男性151〜254、女性は30〜44歳が145〜238、45〜64歳が163〜273、65〜80歳が175〜280と大きく変わってきています。
高齢の女性では100近くも数値が増えています。
悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールも従来は、男女共通60〜119だったものが、男性72〜178、女性30〜44歳が61〜152、45〜64歳が73〜183、65〜80歳が84〜190となっています。
これまで総コレステロールやLDLコレステロールの値を下げる努力をしていた高齢の女性は投薬も減り、精神的にもずいぶん楽になりました。
他にも新基準は、従来値より幅をもたせていますが、これはその時のデータを気にしすぎないためでもあります。
結果表を見て、これからの生活にプラスになるような指導をしてくれる信頼できる病院で健康診断を受けることも重要です。

スポンサーリンク