健康診断前 コーヒー

健康診断前のコーヒー摂取は避けた方が無難です

スポンサーリンク

健康診断前には、一般的に食事制限が行われます。
診断メニューに胃や腸の検査が含まれている場合には、特に絶食が求められることが多いのです。
この場合水分の摂取は良いとされています。
ですが、摂取する水分の種類によっては診断結果に影響を与えてしまうことがあるため、注意が必要なのです。
健康診断では、多くの場合血糖値などが検査されます。
従って、健康診断前に糖分の含まれるジュースやスポーツドリンク、コーヒー飲料などを飲むと正確な検査が出来なくなってしまうわけです。
実際の血糖値よりも高い数値がでてしまうことが多く、検査する項目によっては正しい診断が難しくなります。
ですので、健康診断前に摂取する水分は、基本的に無糖にする必要があるのです。
ミネラルウォーターやノンカフェインのお茶であれば特に診断に影響を与えることはないと考えられます。

スポンサーリンク

糖分と共に気をつけたいのが、カフェインの摂取です。
健康診断で例えば胃や腸の画像検査などを受ける場合には、こういった健康診断前のカフェイン摂取が悪影響を及ぼすこともあります。
カフェインには胃酸の分泌を高める作用があり、場合によっては胃の状態が悪くなってしまうことも考えられるのです。
検査をスムーズに行う上でも支障が出る場合があり、カフェインは特に健康診断前には摂取を避けたい成分となります。
カフェインは、緑茶や紅茶といった飲料にも含まれています。
ですので、このような飲料も診断の前には避けるべきです。
このような制限は、実の所検査の数日前から行うのがベストと言えます。
一定の制限を行って検査当日に向けて良い状態に保っておくわけです。
一朝一夕には難しい下準備は、早めに始めておくことが結果的に健康を維持することにも繋がると考えられます。

スポンサーリンク