健康診断 証明書とは

健康診断を受けた後にもらえる証明書とは

スポンサーリンク

健康診断は、年に1回受けることが望ましいとされているものであり、企業や学校によっては受診が義務付けられているところもあります。
学生であれば、学校で健康診断を受けることにより、結果を知ることができ、学校側もそのまま結果を保管することができるので、証明書は必要ではありません。
しかし、就活などで相手先企業より提出を求められたとき、「正式に健康診断を受診しました」という事を証明するために、必要なのが証明書です。
証明書とは、診断書とは異なり、後日証明し、学校などの管理センターが発行するものです。
公なものですので、就活などで相手先企業より提出を求められた際には、学校の学事課などへ行き、手続きをすることで交付してもらうことができます。
交付に関して手数料が求められる場合がありますが、それは学校によって異なります。

スポンサーリンク

就活以外にもアルバイト先に健康診断証明書を提出しなければならないという学生もいます。
そういった場合も就活生と同じように、学校の学事課などで交付してほしい旨を伝え、交付してもらいます。
ただし、就活生とは異なり、アルバイトということなので即時交付してもらえない場合もありますので、ある程度余裕をもって交付申請を行っておくと無用なトラブルを招かずに済みます。
一部の学校では、学事課などでは交付しておらず、学校内に設置してある端末に学生証をかざして印刷するというケースもあります。
また、大学側が学生本人のポータルサイトを開設している場合には、ログインし所定の操作を行うことで、自宅でもプリントアウトすることができます。
そういったこともすべて学校の学事課などの窓口で教えてもらうことができますが、印刷できる期間は限られていることが多いので注意が必要です。

スポンサーリンク