就活 健康診断書 項目

就活をする時に必要な健康診断書の検査項目

スポンサーリンク

高校生や大学生が就活をする時には、学校で実施される健康診断の健康診断書を企業に提出することができます。
学校で行われる健康診断では、必要な項目の検査は全て行われます。
中途採用で就活をする時には、前職の会社で受けた健康診断の健康診断書を使用することが可能です。
会社によっては直近3ヶ月以内の健康診断書の提出が必要な場合もありますので、直近3ヶ月以内に健康診断を受診していない場合には、最寄りの医療機関で健康診断を受けることが必要になります。
個人経営の診療所でも健康診断は受けられますし、内科以外の整形外科などの病院でも、健康診断が受けられる場合があります。
健康診断は保険診療の対象外になるため全額自己負担になります。
検査料は検査を行う項目によって違ってきますが、9000円から10000円程度が相場です。

スポンサーリンク

就活をする時に提出する健康診断書で必須の検査項目は、胸部のレントゲン撮影や尿検査、聴力検査や視力検査などです。
心電図や血液検査等は必要ありませんが、会社によっては要求される場合があります。
心電図や血液検査を行う場合には、検査代が10000円を超える場合があります。
複数の会社の入社試験を受ける場合でも、健康診断は一度だけ受ければ大丈夫です。
健康診断を行った結果、病気が見つかった時でも、病気の種類によっては採用の際に悪影響を及ぼすことはあまりありません。
40代を超えると何らかの病気を持っている人は増えるので、よほどの重病ではない限り就職することは可能です。
ただし会社によっては、病気を理由に採用を断られる場合があります。
就職してからは毎年1回健康診断が実施され、費用は会社持ちで健康診断を受けることができます。

スポンサーリンク