健康診断 前日 食べ物

健康診断の前日の食べ物は

スポンサーリンク

健康診断で胃のレントゲンを受ける時には、食事の時間に注意が必要です。
食べ物を摂ることができるのは、前日の夜8時頃までのようです。
健康診断の説明書などにも記載がありますので、必ず読んで実行するようにしましょう。
食べ物が胃の中に残っていると、胃の中を上手く撮影することができません。
残業などで前日の夕食などが遅くなりそうな人は、早めに軽食などを摂っておくようにしましょう。
健康診断の当日も胃のレントゲン検査が終了するまでは、食事をすることができません。
時間がないからと言って、前日の夕食を抜いてしまうと、かなりの長い時間、食事を摂ることができません。
時間をうまく調整して、夕食を摂るように工夫しましょう。
もしも、時間を確認しないまま夜中や当日に食事を摂ってしまった場合は、必ず胃の検査の前に検査の担当者にその旨を伝えましょう。

スポンサーリンク

健康診断は集団検診がほとんどです。
そのため、できるだけスムーズに行えるように、必要な事項は必ず確認をして、実行するようにしましょう。
胃のレントゲン検査は空腹の状態で、大量のバリウムを飲むことになります。
検査が終わったら希望する人には下剤が渡されます。
水を多く飲んで、早めにバリウムを体外に排出するようにしましょう。
バリウムは時間が経つと、体内で固まってしまいますので注意が必要です。
健康診断の前日にはなるべく消化の良い食べ物を摂るほうが良いかもしれません。
いくら制限時間内だと言っても、食べすぎ飲みすぎには気をつけましょう。
過度に飲食をしても、制限時間内ならば、胃の検査には支障が出ないかもしれません。
しかし、血液検査や尿検査などで結果が変わることがあります。
あくまでも普段の食生活を心掛けることで、正しい検査結果を知ることができます。

スポンサーリンク