健康診断 胃カメラ バリウム 検査 拒否

健康診断でバリウム撮影を拒否して胃カメラ検査を受ける人は多い

スポンサーリンク

健康診断は普通に働いている方であれば、毎年一回の受診が義務づけられています。
その中でも親切な病院であれば、バリウムを用いた胃のレントゲン撮影を薦められる場合があります。
ですが最近はこの胃のレントゲン撮影を拒否して、実費で胃カメラ検査を受ける方が増えているのです。
実際バリウムを飲み、出そうになるゲップを我慢してベッドに捕まって上になったり下になったりすると言われたら、初めての方は抵抗感を感じます。
さらに胃のレントゲン撮影は、なんらかの影響でバリウムがうまく効かない場合は、改めて胃カメラ検査を受ける必要があるので、初めから胃カメラを選択する人がいるのも納得がいきます。
胃カメラは食道を通過して、胃まで異物を入れるわけですが、実際の所麻酔をかけたりしますのでそれほど抵抗なく検査を受けることができるようになっています。

スポンサーリンク

ただ麻酔を使った胃カメラ検査を受ける場合は、実績と経験が豊富なお医者さんを選ぶ必要があります。
麻酔をかけられた患者さんは少なからず意識は朦朧としていますし、カメラがのどを通る以上声を発することはできません。
もちろん痛みもないので、カメラの先端部が食道を突き破ったとしても、痛みは分からないのです。
最近は胃カメラの技術も進化したため、麻酔なしでも大丈夫な胃カメラは出現しています。
さらに最近は鼻からカメラを入れる方法も確立されています。
こちらの方がのどを刺激しないので楽と言う方もいらっしゃいます。
麻酔のあるなし、鼻から入れるか
経口か、いずれにせよ健康診断で胃カメラ検査を希望する場合は、その病院で胃カメラの優れた技術を持つ医者がいるかどうかの下調べが必要になります。
特に麻酔を使用する場合は慎重すぎるくらいに医者に大丈夫かと聞いてみるのも手です。

スポンサーリンク