健康診断 血液検査 わかること

健康診断の血液検査でわかること

スポンサーリンク

健康診断での血液検査は必須の項目ではありますが、血液検査でわかることというものはその内容や目的によって限られてきます。
 現在の血液検査でできる検査項目は精度はそれぞれですが2000種類くらいの検査ができます。
 ある程度の症状から疑われる特定の疾患の検査項目を行う事でより精度の高い検査結果が出るようになっています。
 健康診断の時の血液検査ではどこかに特定という検査というよりも総合的に観てとのような状態かを検査するスタイルなので異常値の時には医療機関で別の件さなどと併用する事で詳しい病名などがわかる事があると言えます。
 健康診断で調べている項目は、血清脂質検査、貧血症状、腎機能、痛風、肝機能、糖尿病などの疑いがあるかを基準値をもとに正常か異常かを確認して、異常値が見つかった場合にはその数値が異常である事で考えられる疾患に対しての検査を再検査や2次検査をすることで更に原因や病名を追究していきます。
 スポンサーリンク

健康診断の血液検査でわかることのもう少し細かい部分を解説します。

 

・血清脂質検査項目T-cho 総コレステロール 数値が高いと動脈硬化の危険性があります。
 HDL-C HDLコレステロール 善玉コレステロールの数です。
 LDL-C LDLコレステロール 悪玉コレステロールの事になります。
 中性脂肪 トリグラセレイドTG 肥満や食べ過ぎ、飲みすぎで上昇します。

 

 ・貧血赤血球数 RBC 赤血球の数です。
 少ないと貧血の可能性があります。
 ヘモグロビン 血色素量Hb 赤血球の成分のひとつです。
 ヘマトクリット Ht 血液中の赤血球の容積の割合。
 白血球数 WBC 数値が高いと感染症や白血病、がんなどの危険性があります。

 

 ・腎機能クレアチニン CRTN 数値が高い場合には腎機能障害が疑われます。

 

・痛風検査 尿酸 UA 数値の異常で痛風が発見できます。

 

・肝機能検査ZTT 硫酸亜鉛混濁試験 慢性肝炎や肝硬変の検査。
 GOT AST  GPT ALT 脂肪肝や肝臓がんなどの検査。
 γ-GTP アルコールに反応する数値で肝機能障害の検査。
 ALP 主に胆道の病気を調べる項目です。
 総タンパク TP 総合的な肝臓病の発見につながります。
 総ビリルビン T.Bill 数値が高いと黄疸の疑いがあります。

 

 ・糖尿病空腹時血糖 FBS 空腹時の血糖値を検査します。
 HbA1c ヘモグロビンA1c 糖尿病の確定診断に利用されます。
 他の検査と併用する事で確定診断ができ病名がわかることになります。
 スポンサーリンク