健康診断 エイズ わかる

血液検査でわかるエイズ 健康診断では

スポンサーリンク

エイズは血液検査でわかる病気です。
 入社時、入社後は年1回の健康診断が行われますが、その血液検査でエイズの有無はわかりません。
 プライバシーの観点から本人の同意がなければ検査出来ないことになっているからです。
 どこで調べることができるか、病院や保健所、自治体運営の機関、自己検査キットがあります。
 病院では匿名検査はできず、一部条件を除いて5千円から1万円の自己負担となります。
 結果判明まで1、2週間と時間もかかります。
 だれしも早くわかる、名前も知られず、お金もかけたくないと思います。
 それが可能なのが保健所か自治体運営の機関です。
 居住地以外でも検査できます。
 どうしても人目を避けたい人は自己検査キットとなります。
 ほんのわずか血液を採取して専門の機関に郵送します。
 費用は3〜5千円となっています。
 厚生労働省の認可を受けた専門の検査機関なので結果は病院や保健所で受けたものと違いはありません。
 スポンサーリンク

 エイズ検査の判断は難しいものです。
 通常の健康診断では見つけることはできませんが、健康診断で白血球の減少など血液検査に異常が見受けられる場合があります。

 安易に考えずエイズを含む精密検査を考えるべきです。
 しかしこれも厄介なことに感染直後では陽性、陰性の確定ができません。
 人それぞれ違いがありますが、感染の疑いから3カ月経過にもう一度受ける必要があります。
 そこで感染の有無がわかることになります。
 現段階では完治は出来ませんが、飛躍的に薬が進歩しており薬を飲み続ければの発症を抑えいつもと変わらぬ生活ができます。
 いまや死ぬ病気ではないのです。
 予防にはコンドームの使用などありますが、自らがエイズを理解していく必要があります。
 匿名で無料でも検査できる機関や自己検査キットまである時代です。
 怖がらず利用することが求められています。
 スポンサーリンク