入社前 入社時 健康診断 項目

入社前(入社時)の健康診断の項目について

スポンサーリンク

現代の採用過程の中で入社前(入社時)に健康診断をする企業があります。
この目的は入社前であれば業務を遂行することが困難な応募者を採用段階で断ることができますし、入社してからの場合は、今後の定期健康診断においてその健康過程を図ることができるからです。
そして定期的に行われる健康診断では会社に勤めるようになった上での健康上の影響も少なからずありますが、入社前(入社時)であればその人のそれまでの健康管理の問題ですので、後々に健康上の理由での休暇を取ろうとする際や労災などの問題の時にも会社側が用意する資料として役立ちます。
ただ入社時の場合は自身の健康具合の資料として扱うのが一般的です。
特に新卒時であれば、自身の健康具合がどのようになっているかという判断ができないからです。
特に成人になってから、お酒やタバコなどによって健康に影響を受けている場合もあるので、診断されてから驚くケースもあります。

スポンサーリンク

この入社前(入社時)の健康診断の項目は、通常の定期診断よりも多い内容になっています。
通常の診断の時にも行う、身長や体重、視力や聴力、心電図や血液検査、問診、尿検査などはもちろんですが、必要に応じて検便や睡眠診断や判断力検査なども行われる場合があります。
これらはその後の検診の際には行われないケースが多く、ここで問題が起こった場合は、ただちに改善するように保健師などから指導を受けたり、採用前であれば足切りの判断材料とされるようです。
基本的に改善を指導される場合は、食生活の改善とタバコとお酒の量を指導される場合がほとんどですが、基本的には少しずつこれらに気を遣うことで改善はされていきます。
そして視力などは年月とともに徐々に落ちていくものですし、パソコンなどのデスクワークの場合はどうしても悪くなります。
ですが体重などは食生活と運動によって改善されるので、その参考資料として保管した方が良いでしょう。

スポンサーリンク