健康診断 保険証忘れた

健康診断保険証忘れた場合は、保険が利かないけども

スポンサーリンク

保険が利くはずの病院で健康診断を行う場合、保険証忘れた場合は保険適応が受ける事が出来ません。
 保険にも様々な保険があり、その確認作業が出来ないためです。
 ただし、住所が確定する事が出来て、町医者の様な病院であれば、融通を効かせて健康診断を行ってくれるかもしれません。
 一般常識としては、保険証忘れた場合は、受ける事が出来ない事を念頭に置いておく事が大切です。
 もちろん、金銭的に余裕があり、支払える能力があるのであれば、保険を使わずに支払う事ができます。
 これは、後に提示すれば、差額の金額を返金してくれます。
 ただし、事務的に処理を行う期間があるため、必ず、いつまでに持参しなければならないのかを尋ねておく事も大切です。
 日にちをずらしてもらう方法など、何かしらの対策を行う方法もあります。
 会社での必要事項であれば、会社に一度連絡を行い、会社の指示に仰ぐのもお勧めです。
 スポンサーリンク

健康診断において、保険証忘れたにならないための対策が必要です。
 家族で併用して扱っているのであれば、コピーをして、各自に持たせておく方法もあります。
 あくまでもコピーであるため、健康診断後に保険証を提示しなければなりません。
 保険証忘れたにならない様に、カレンダーの曜日に印をつけ、目立つ所に置いておく方法もお勧めです。
 大切な内容は、玄関の扉の内側にホワイトボードを掛けておく方法もあります。
 どの様な忙しい状況でも、必ず目を止める場所になるためです。

 重要事項を記載していれば、忘れる事はありません。
 忘れ物はと記載されたメッセージボードもお勧めです。
 この言葉は、個人ののみならず、家族にも良いメッセージとしての効果を期待する事が出来ます。
 忘れたからと言いまして、何も対策が無い訳ではありません。
 一度、忘れてしまったら、それを教訓として胸に刻んでおく事も大切です。
 スポンサーリンク