健康診断 ブラトップ 着用

健康診断時のブラトップ着用

スポンサーリンク

若い女性を中心に人気のあるブラトップは、下着とキャミソールが一体型となっているため気軽に着用できます。
カーディガンに合わせたり、セーターの下に着用したりと季節を問わず着れるのも人気の一つです。
着回しが多く、ブラジャーのように胸回りを締め付ける事が無いため、キャンパスやオフィスでも積極的に活用されています。
毎年のように新作が発表されるブラトップは、最新の流行に合わせてコーデ出来るため、オシャレな女性愛用のアイテムです。
そのためほぼ毎日着用している人もいます。
普段の生活の中ではとても便利なブラトップですが、衣服を脱ぐ必要がある健康診断では着用を考える必要があります。
これは健康診断を行う病院や企業によって異なります。
中には胸部レントゲンを撮影する時に着用不可となる場合があるため、事前に確認する必要があります。

スポンサーリンク

胸部レントゲンの撮影でブラトップが不可となるのは、ブラパットやプラスチックの肩紐がある場合です。
ブラパットは外せるタイプなら外す事で問題は解決できます。
プラスチックの肩紐は取り外しができれば良いですが、出来ない場合は写ってしまうため不可です。
この場合、用意されたTシャツに着替える事になります。
けれどもレントゲンに支障が無い場合はブラトップでも可能なので、問題無く健康診断を受ける事ができます。
もう一つ画期的な方法があります。
それはブラパットが入っていても、プラスチックの肩紐があっても可能な方法です。
それは肩紐を外しお腹まで一気に下げる事です。
こうする事でレントゲン撮影には影響は出ず、ノーブラで歩き回る事も無いため、女性としては安心できます。
これなら移動も多く脱ぎ着が大変な健康診断でも、余裕で対処できます。

スポンサーリンク