有機溶剤 健康診断 項目

有機溶剤の特別健康診断はさまざまな項目があります

スポンサーリンク

有機溶剤を使用している企業で働いている人は健康診断で有機溶剤使用のための健康診断を行わなければなりません。
有機溶剤はアセトンやシンナーなどのリンや、有機化合物が使用されている物質のことです。
これらの物質が体内に入っていないか健康診断で調査するわけです。
これらの物質が体内に入ると握力などの力が落ちたり、長い間それらがある環境のところにいると意識が混濁したり麻痺を起したりします。
それらを調べるために健康診断では、これらの有機溶剤を使用している人たちのため特別な項目を設けて健康診断を実施することになります。
中毒などの自覚症状の有無の問診や、尿にタンパクが出ていないか眼底検査や握力の測定や、血液検査などその有機溶剤によって検査項目はちがってきますが、基本は中毒になっていないか体内に化合物が残存していないかを中心に検査を行います。

スポンサーリンク

シンナーやアセトンなどはその中毒症状が大きく、体に及ぼす影響は重大なものになっています。
そのためその作業に従事する前には必ず診断を行わなければならなくなっています。
また6か月に一回は診断を受けなければなりません。
体に症状が出てきてからでは遅いため、その検査項目も大変多岐に及んでいます。
また一般の診断よりも価格が高めに設定されています。
一般の作業と異なり中毒性の高い作業をするわけですから当然のことでしょう。
中毒症状は自分では分かりずらいところもあります。
一回中毒にかかると目つきも変わり顔つきも変わってきます。
医師のしっかりとした問診でそれらの症状をしっかりと把握するのが大切なことになってきます。
作業をしている人たちも自覚症状が現れたと感じたら、医師による早い診断をしてもらうことが重要になってきます。

スポンサーリンク