健康診断 前日 タバコ

健康診断前日のタバコ

スポンサーリンク

健康診断を受ける時には、様々な準備が必要です。
その中でも、タバコは健康に大きな影響を与えるものであり、各種検査の数値に影響が出る可能性が高くなってしまいます。
特にタバコには血管を収縮させることができる作用があるために、血圧が高くなるということやビタミンDの異常などが起こることが多いものです。
この様なことがあるために、健康診断の時にはできるだけ前日からは禁煙をすることが良いと言われています。
そうすることによって、血圧やビタミンDなどの状態を正常に戻すことが出来る様になっているために、良いと言われています。
また、健康診断前日に行うことなどは説明用紙に記載されていることから、しっかりと確認しておくことが良いと言われています。
そうすることで、より自然な血圧などの結果を出すことが出来る様になっています。

スポンサーリンク

また、健康診断前日だけではなくタバコなどは1週間ほど前から控えることによって、体内に溜まっているニコチンなどを取り除くことができるということで、健康診断が近くなった時には本数を少なくするなどということをすることが良いと言われています。
この様なことがあるものの、無意識に喫煙をしてしまった場合においては健康診断前日はもちろんのこと当日であっても担当の医師に伝えることや申告書に書き込んでおくことが必要です。
この様に事前に申告しておくことで、検査結果を加味することや後日検査などを行うことが可能であるということから、喫煙などを正直に申告をすることは必要です。
また、後日検査の場合であっても同じものであり万が一タバコを吸ってしまった時などは、医療機関と連携しながら様々な対策をすることが必要になっています。

スポンサーリンク